« 京の家、奈良の家 | トップページ | 植物と革手袋 »

2013年10月24日 (木)

X構造

20131024_1
絵画Ⅱの前半スクーリングで描いた木炭デッサン。満喫しました。
量塊性と平面性、暗部と明部、ぼかしと輪郭線、胸から肋骨への曲面の連続とクッションのシンメトリ、クッションの波型とその影とシーツの影のリズム、X字の構造、尖った画面要素の複数配置等々、最初の構想から作成中に気付いた発展と意図しなかったけど出来ていた造形要素、といったものが現時点の自分の目指していたところと符合していると思います。木炭の一粒単位で画面を追い込んだのも良い経験となりました。

|

« 京の家、奈良の家 | トップページ | 植物と革手袋 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9971/58447939

この記事へのトラックバック一覧です: X構造:

« 京の家、奈良の家 | トップページ | 植物と革手袋 »